農業を始めたい方へ

最近、都会のサラリーマンの間で、農業をやってみたいという人が増えています。
私たちは、そうした方々が農業を始める場合のお手伝いをしています。
農地の取得方法が分からない、技術はどうやって身につけたらいいのか、資金が十分ないが利用できる融資制度はないのかなど、 お困りのことがあったら、どうぞご相談下さい。
このページでは、就農までのみちすじと、お手伝いの内容をご紹介いたします。

就農までのみちすじ

情報や基礎知識の収集

①農業を始めるための情報を集めたり、就農相談のために全国・
 和歌山県新規就農相談センター等の相談窓口を訪ねよう。
 また、こうした窓口が開設しているホームページなどで情報を
 集めよう。
②新・農業人フェア(大阪市内で開かれる就農相談会や
 Uターン就農相談フェア(和歌山県内))に参加しよう。
③農業を体験したり、農業の基礎知識を身につけよう。
めざす農業経営ビジョンの明確化


①どんな作物を栽培するか、作物を考えよう。
②作目は単一の専作経営か、複数以上の複合経営か、経営のタイプ
 を決めよう。
③露地栽培か施設栽培か、通常栽培か有機栽培か、栽培方法の選択
 を考えよう。
④農作業に従事出来る労働力と作目・経営タイプ・栽培方法の
 選択、経営規模等がマッチしているか、考えよう。
⑤選択作目や生活条件、都道府県、市町村の支援措置等から
 就農候補地を検討しよう。
⑥できるだけ現地を訪ね、自分の足で農地・住宅・研修先・生活・
 農業経営環境などの関連情報を収集しよう。

技術やノウハウの修得 ・めざす農業経営に必要な技術やノウハウを身につけよう。
資金の確保 ・めざす農業経営に必要な資金、経営安定までの生活資金を、
 融資の可能性も含めて検討し、確保しよう。
農地・住宅の確保 ・経営開始の可能な農地、同時に営農に適した住宅を確保しよう。
機械や施設の確保 ・経営開始に当たって必要な機械や施設を確保しよう。
 
営農計画の作成 ・生産計画、販売計画、資金計画を明確なプランにしよう。
 
農地の取得 ・就農する市町村の農業委員会で農地の取得手続を相談し、
 農地法の許可や農業経営基盤強化促進法等による借地などの
 相談を受けよう。
 
就農 ・自分の農業経営確立への第1歩です。
注:実際にはいろんなパターンやケースがあります。おおまかなモデルケースとお考え下さい。

お手伝いの内容

農業を始めるために必要ないろいろなご相談におこたえします。

農業に興味があり、やってみたいと思っていても、サラリーマンには農地がもてない、農業ができないとお考えではないでしょうか? サラリーマンなどこれまで農業をやったことのない人でも、農地を取得して農業を始めることができます。しかし、実際には買ったり 借りたりする農地がどこにあるのか、住む家はあるのかなどの情報が必要です。 「全国新規就農相談センター」(全国農業会議所内)と 「和歌山県新規就農相談センター」(県青年農業者等育成センター、県農業会議)では このような情報を集めており、ご相談におこたえします。農業に興味を持っておられる方々あるいは実際に農業をやってみたい方も お気軽に、これら相談窓口をご利用下さい。

相談の内容に応じて情報の提供や紹介をします。

農地など新規就農に必要な情報の提供をします。

新しく農業を始めたい人にとって欠くことのできない
①農業の実習や研修を望む人には、受け入れてくれる研修機関等を紹介します。
②農業・農村の実情、農業技術・経営、農業施策等について詳しく知りたい人には、
 それぞれの専門機関、団体等を紹介します。

なお、PR・イベント活動として新・農業人フェア、新規就農者等交流会などを実施しています。

農業・農村についてご説明します。

農業を始めるに当たって必要なこと、農地を買ったり借りたりする場合に気をつけること、農業についての融資や補助が受けられる事業の概要や相談窓口の紹介、 農業をやっていく上での必要な事項について説明します。